公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

 
 
団体名/個人名 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
英語名または略称 Shanti Volunteer Association (SVA)
所属・関係している宗派・教団名
連絡先住所 〒160-0015 東京都新宿区大京町31慈母会館2・3F
TEL番号 03-5360-1233
FAX番号 03-5360-1220
E-mail info@sva.or.jp
ホームページ http://www.sva.or.jp
支部の連絡先
事務局開所曜日 月~金(土、日、祭日は休み)
代表者名/肩書き 若林恭英/会長
事務局責任者名 関尚士/事務局長
専従スタッフ数 38名
ボランティア数 40名
会員制度の有無
会員数 2200名
活動開始年 1981年
活動を始めた理由 カンボジア難民救援を目的に1980年に設立された「曹洞宗東南アジア難民救済会議」(JSRC)の終了にともない、その活動を引き継ぎ、ボランティア有志によって結成。
活動の目的 心の平安に根ざした、平和(シャンティ)な社会の実現。
主な対象国名及び地域名 開発協力は、タイ・カンボジア・ラオス・アフガニスタン・ミャンマー難民他。
緊急救援は日本を含むアジア地域。
海外協力活動分野 農村・スラム開発、教育、職業訓練、難民、女性、子ども、少数民族、研修生受け入れ、緊急救援、国際交流・国際理解、奨学金・里親
活動の概略

SVAは設立当初からタイ国内のカンボジア難民キャンプで図書館活動や印刷、出版事業などの教育や文化に関する協力活動に取り組みました。その後難民キャンプが閉鎖されてからは、タイ・カンボジア・ラオス・アフガニスタンでの教育・文化の開発協力活動を行なっています。
タイにおいては、バンコクのスラムや東北タイ・北タイの農村での教育支援活動、カンボジアやラオスでは学校建設や図書館活動、教材開発、そしてタイ国境付近のミャンマー難民キャンプで図書館活動などに取り組んでいます。2003年からはアフガニスタンの教育復興事業(学校建設、図書館活動)に取り組んでいます。
また緊急救援活動として、83年の島根大水害以来、95年の阪神・淡路大震災や海外ではトルコ、台湾、インド西部大地震の救援を行なってきました。

国内活動内容 講演会、教室、募金、市民活動、バザー、NGOの活動報告会、研修旅行、奨学金・里親
広報物(刊行物・視聴覚資料等) 刊行物:「シャンティ」年6回
「年次報告」
増刊「シャンティ」
「シャンティブックレット」シリーズ
パネル:SVA活動紹介パネル、「絵本を届ける運動」、カンボジア生活紹介パネル
ビデオ:「地球市民として生きる」25分、「絵本を届ける運動」13分 他
会費・募金等送金方法・振込先 銀行送金、郵便振替があります。
詳しくは当会までお問い合わせ下さい。
郵便振替口座 00150-9-61724
加入社名 社団法人シャンティ国際ボランティア会
その他 タイ・カンボジア・ラオスの女性たちが製作したクラフトを日本の人々に販売することで生産者の自立を支援するクラフト・エイド事業や、海外の図書館活動を支援するとともに、参加型の開発教育の場ともなっている「絵本を届ける運動」などを行なっている。また地方の協力者のネットワーク作りや、スタディーツアー、インターンの受け入れも行なっている。
その他、教育NGOのネットワークを通して、政策提言を行なう他、仏教NGOネットや災害のネットワークに参加している。