フィリピン台風ハイエン緊急救援活動

BNNは大型台風と高潮で被害を受けた、フィリピンサマール島、東サマール州の村へ緊急支援物資配布事業を実施しています。

 

皆様からのお寄せいただく募金は、現地で活動する シャンティ国際ボランティア会を通じ、現地被災者の活動に役立てます。 

 

現地からレポートが届いていますので 

以下、活動状況をお伝えいたします。 

 

 シャンティ国際ボランティア会(SVA)では、118日に発生した台風ハイエン調査及び支援活動のためスタッフを派遣しています。地元の協力団体「西サマール開発財団」と協働し、サマール島で支援物資の提供を始めました。 

今月5日には、同島南部のエルナーニ町の2つの村460世帯を対象に、お米や調味料、調理道具、衛生用品などをひとつにまとめた「生活支援パック」を村の方々へ直接お渡ししました。 

*写真左:村の方々一人一人に手渡し中 

IMG_8310.JPG 

 

沿岸部を中心に大きな被害を受けた東サマール州キナポンダン町。台風シーズンが1月まで続くことから、簡易でも雨風を十分にしのげる住居を再建するための工具・材料を望む声が多く上がっています。 

129日より、キナポンダン町16村を対象に、家屋再建・修理のための工具及び材料となるトタン板・合板を配布いたします。 

*写真左:ビニールシートで覆われた屋根 

IMG_6190.JPG

 

 2013125日に 生活キット配布を配布

 西サマール開発財団と協働にて実施

  • エルナー二町の2村:パダン村とカルメン村の460世帯を対象

 お米(4㎏)、魚の干物(1㎏)、フライパン、コーヒー、塩、コーヒークリーム、醤油、砂糖、洗剤、石けん、蚊帳、下着、生理用品を配布

*支援物資を受け取る 少女

IMG_7936.JPG